日本人の英語を変える新しいメソッド! HMメソッド®の英語研修

HMメソッド®とは?

What is HM Method® ?

アクティブ・シャドーイング®

「学ぶ」は「真似ぶ」から

いきなり英語でスピーチ・・・は難しくとも、ネイティブスピーカーの後を影のようについていく「シャドーイング」であればスピーチも可能です。「シャドーイング」は昔から通訳になる為の勉強方法でした。「アクティブ・シャドーイング®」はこれにデリバリー「姿勢、声の大小、間、アイコンタクト、ジェスチャー」を加え、ネイティブスピーカーを超えるような英語のスピーチを練習するというものです。「真似ぶ」事から「学ぶ」事がスタートします。

英語が出来るようになるためには、①リスニング、②スピーキング、③ライティング、④リーディング、そして⑤プレゼンテーション力、それぞれが必要となります。これを個別に勉強していくとなりますと、かなりの時間がかかります。アクティブ・シャドーイング®により、これら5つの要素を同時に効率よく学び、身に着けていく事が出来るようになります。

アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果 アクティブ・シャドーイングの効果

アクティブシャドーイング「インテグレート」 メソッド株式会社

魔法のような効果がありますが、魔法のような方法ではありません。毎日エクササイズマシンにのるように、自分でアクティブ・シャドーイング®やいくつかの宿題をこなしていただく必要があります。文法も体系的に学んでいただく事になります。いわば正攻法の勉強方法なのです。ただ、同時に習得する事が出来、実践に使え、長く自分のものとする事ができる、そんな学習方法なのです。
 

イングリッシュ・プラットフォーム構築

自然な日本語の文章には省略が多い。会話の主語や目的語、動詞を言わない、何らかの省略がある場合がほとんどです。それが実は、日本語と英語の最も大きな違いです。主語を言わないコミュニケーションの環境に慣れている日本人、いざ省略は例外的である英語を話す時おおいに戸惑います。そこでHMメソッド®はスピーカー一人一人に英語で話す時には英語のプラットフォームを構築する事を訓練します。

イングリッシュ・プラットフォーム・・・それは簡単に言えば「4要素5文型」です。

イングリッシュ・プラットフォーム「4要素5文型」 イングリッシュ・プラットフォーム「4要素5文型」 イングリッシュ・プラットフォーム「4要素5文型」

オリジナル文法

英語の勉強で最後に残るのは「文法」と「単語」と言われています。洗練された一流の英語を操れるようになる為には不可欠な要素です。でも文法って退屈ではありませんでしたか。

HMメソッド®では文法を重視します。文法なくしては上記英語のプラットフォームは築く事ができません。

文法をコミュニケーションのツールとして使う為に、様々な文法の項目を S(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)、M(修飾語)のカテゴリーの中で体系づけました。たとえば、仮定法というのはV(動詞)の上級編として学びます。本来の動詞の時制、「現在形」と「過去形」を超えたところに架空の世界「仮定法」があると考えます。

初級レベルであれば、S主語となるのは、「名詞」、「代名詞」、「動名詞」、「to不定詞の名詞的用法」というふうに横断的に勉強します。
 

フィンランド・メソッド

「好きな果物は何ですか?」答えるのは簡単です。しかし好きな理由を「4つ述べて下さい」といってすらすらと答えられますか。「Facebookをどう思いますか」 「電気自動車はこれからの車でしょうか」日常だけではなく、ビジネスの場にあって様々な提案がされ、賛否の意見が交わされます。

グローバルな場にあって意見を言えない日本人、実は、コミュニケーションの方法を学んでこなかったのです。たとえTOEICが900点以上であってもこのルールなしでは発言する事は困難です。そのルールは複雑なものではなく、いくつかの訓練をする事で習得可能です。このルールとして、HMメソッド®では世界でも子供たちの学力が高いフィンランドのメソッドを取り入れています。それは簡単にいえば、意見をいう時、その理由を作法に従って述べるというだけのものです。
 

カスタマイズとライブ・セッション

カスタマイズされたプログラム

HMメソッド®は、受講者のレベル別だけではなく、会社のグローバル化の段階・目的到達の為にプログラムをカスタマイズ致します。

  1. これから海外視察ツアーや展示会に出展する
  2. すでに海外に工場、支社、子会社がある
  3. 取引先と商品開発や品質改善、トラブル処理が必要
  4. あたらな商品・サービスの企画提案の為のプレゼンが必要
  5. M&Aを予定している
  6. 海外での学会で論文発表の機会がある
  7. 海外からの学生を受け入れたい
  8. 海外の大学に留学する

このように、個人、企業、教育機関はさまざまな固有の必要性をもっています。
HMメソッド®はこれら、諸目的達成に向けたプログラムを企画して実施致します。

ライブ・セッション

HMメソッド®はライブ・セッションを基本とします。
何故ならコミュニケーションはリアルな人の心に届けるのが原則だからです。オリジナルなICTやアプリはライブレッスンを補強し、効果を何倍にもする為のツールと考えます。

そしてHMメソッド®で社内で英語研修を始める事により、受講者個人はもちろん、組織やグループ、企業、教育機関全体のモチベーションを高めてまります。
 

喜びの声

メソッド株式会社 HMメソッドとは? 喜びの声 メソッド株式会社 HMメソッドとは? 喜びの声 メソッド株式会社 HMメソッドとは? 喜びの声 メソッド株式会社 HMメソッドとは? 喜びの声